多くの人に知ってもらう

水

費用対効果を考える

インターネットを利用することがごく普通になった時代、静岡県内でもインターネット広告を利用する企業が多くなりました。インターネットにおける広告は、バナーとかSNS、リスティング広告など各種用意されており、配信方法や課金においては様々な形態となっています。ですがこれらの広告は誰にでも見られるものではなく、限られた人が見るものとなってしまう短所があります。静岡県内で誰となく多くの人に差別なく見てもらう広告は看板広告と言う方法があり、ビルの屋上等にある塔屋看板とか懸垂幕、ガソリンスタンドなどでみられるポール看板、また玄関周辺に貼られるプレート看板などたくさんの種類が存在します。静岡県内での看板広告は固定化されたものですが、限られた日数などに行うための広告に利用されるものに、チラシがあります。直接ポストに配られるチラシがあれば、新聞の中に入って来る折り込みチラシがあり、これらの多くはスーパーの売り出しであったり、お店の開店などに利用されることが多く、家庭の主婦向け版が主と言えます。静岡で行う広告には、テレビCMや新聞、メルマガ、チラシなどが考えられますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。テレビCMなどは視聴者への訴えは強くなりますが、費用が高くなってしまいます。チラシでは効果は一時的になりますが、費用は安く抑えることが出来ます。また看板広告に至っては、多くの人の目にはつきますが、いつも同じものとなるマンネリ化が心配されます。